Hasuna1
HASUNAの新作、ルワンダコレクション

「紛争ダイヤモンド」や、児童労働などに由来する素材を使用しない「エシカル・ジュエリー」。地球のココロ・ニュース欄でも以前お知らせした「HASUNA」は、日本初のエシカル・ジュエリーブランドです。「ジュエリーに関わる全ての人を笑顔に」。代表の白木夏子さんに、エシカル・ジュエリーにかける思いを語っていただきました。

Hasuna2
<白木夏子さんプロフィール>
1981年生。2002年から英ロンドン大学キングスカレッジにて、発展途上国の開発について学ぶ。卒業後は国連人口基金ベトナム・ハノイ事務所とアジア開発銀行研究所 にてインターンを経験し、投資ファンド事業会社勤務を経て2009年4月にエシカル・ジュエリービジネスを展開するため株式会社HASUNAを設立。現在、同社代表取締役

留学、国連インターン、そして投資会社

「世界中で起きている問題を解決したい」。短大時代に世界の貧困問題を知った白木さんはロンドンの大学に留学。その時、NGOのソーシャルワーカーと共にインド各地の最貧困層の村を2ヶ月かけて訪問し、貧しい人々の現状を目の当たりにしました。

「ある人は鉱山で1日中働かされても、賃金はほんのわずか。食べるのに精一杯の最貧層の暮らしぶりを見て、衝撃を受けました」

200307
インドで最貧層の人々と交流(2003年7月)

卒業後、こうした体験を踏まえて国連組織のインターンとして働きますが、「人々が自分の仕事にプライドが持てるように手助けするのが本当の援助。施しを与えるだけでいいのだろうか」と思い悩みます。

「貧しさから脱するには、まっとうな賃金が得られなければいけない。搾取のない公正なビジネスを成り立たせるにはどうすればいいのかを知るために、まずビジネスの構造を学ぶ必要がありました。そこで、自分がお金を稼ぐところから始めようと投資ファンド事業会社で働くことにしました」

寝る時間も削るような激務の日々の中で「お金を稼ぐこと、人からお金をいただくことの大変さを学んだ」という白木さん。退職後も、公正なビジネスの実現に向けて模索が続きます。

1 2

ピックアップ

tandoor08

楽しい!おいしい!ケータイタンドールの魅力
ケータイタンドールと名付けた調理器具。魚も肉もジューシーに焼き上がるそう!

このページの先頭へ