Adownworld

契約電力以上のアンペア数に達すると電気を切るアンペアブレーカー。各家庭の配電盤を見ると、例えば30Aというように契約アンペア数が表示してあります。環境NGOのナマケモノ倶楽部が「マイクロソフトNPO協働プログラム2009」の助成を受けて展開する「アンペアダウン」プロジェクトは、契約アンペア数を1ランク下げることで環境とお財布への負荷をへらすキャンペーンです。


例えば、契約アンペア数を40アンペアから30アンペアに下げると、基本料金が毎月273円オトクに(東京電力の例)。ブレーカーを落とさないようにムダな電気を節約しようと意識することで、環境負荷も減らせる効果があります。
「アンペアダウン」のウェブサイトでは、家庭での使用アンペア数の目安が分かる「アンペアチェック」や、節電に役立つ「電気をナマケる豆知識」など節電に役立つ情報コーナーが用意されています。また「アンペアダウン宣言」コーナーでは既にアンペアダウンに挑戦、実践している人のコメントを見ることができ、アンペアダウン生活に移行するためのヒントを得られます。
ナマケモノ倶楽部ではこれまでにも「1000000人のキャンドルナイト」などの取り組みを通じ、電気を使用することが当たり前のライフスタイルを見直すきっかけを提供してきました。
CO2を出す火力発電や、膨大な放射性廃棄物を抱え込み、事故と常に隣り合わせの原子力発電への依存を少しでも減らすことは、環境への負荷をへらすだけでなく、手仕事の豊かさや面白さを再発見し、スローな時間を回復することにもつながります。「アンペアダウン」、あなたも始めてみては。

ピックアップ

gaienwalk06

新国立競技場がどれほど大きいのかみてきた
新しい競技場をつくらないで、いまある競技場を改修するエコな五輪にしませんか?という思いが高まったようです。

このページの先頭へ