Top

その場所の運営に参加することで、ステキな出会いが生まれたり、やりたかったイベントが実現できる。そんな特別な「まちのリビングルーム」が西荻窪にある。

KISSCAFEってなんだろう

前回の記事でレポートさせていただいた「VIETNAM NIGHT」(参照)で気になったのが、このイベントの舞台となったKISSCAFEという場所だった。カフェという名前がついているが普通のカフェではないようだし、レンタルスペースという訳でもないらしい。

このKISSCAFEという場所って、一体なんなのだろう。

Imgp5452
お話を伺った特定非営利活動法人kissの池谷さん(写真左)。

---このKISSCAFEっていうのは、どういう場所なのでしょう。

「NPO法人kissが母体となって運営している一つの事業です。吉祥寺で六年間やって、半年前にここに移ってきました。kissはもともとパソコンやインターネットを道具として使用しているフリーランスのデザイナーや建築家などのつながりから生まれたのですが、大抵の仕事って一人きりではできないから、みんなネットワークってすごく重要に感じていると思うんですよ。そういった人達が実際に集まる場所、またインターネットをやらない人ともつながるためのリアルな場所の必要性を感じて、このKISSCAFEができました。」

---存在の目的がいわゆる「お店」ではないんですね。

「レンタルスペースと間違われやすいのですが、コンセプトとしては「まちのリビングルーム」。この場所を運営するにあたって、一緒にこの場所でできることを考えて、提案してくださいというスタンスです。ここでできることはなんでもやってよくて、それが食べ物イベントだったり、トークだったり、音楽関係だったりします。なにかしら文化的な、というとオーバーかもしれないけれど、単純にカフェバーをやりたいとかではなく、もう少し踏み込んだコンセプトでやるイベントですね。」

003
なにかをやってみたくなるスペース。

---キッチンにプロジェクター、オーディオ機器などが揃っているので、アイデア次第でなんでもできそうですね。誰でも自由にイベントができるのですか?

「イベントというのは運営の一部という考えなんですよ。会員じゃないと運営はできないので、イベントをやる場合はまず私たちの活動に賛同していただき、会員になってくださいという形にしています。」

---単純にお金を払って利用するお客としてイベントをするのではなく、kissの会員が運営の一つとしてイベントをやるということなんですね。

「だから私たちとイベントをする人の間に、店の人とお客さんという関係は一切ないです。」

1 2

ピックアップ

gaienwalk06

新国立競技場がどれほど大きいのかみてきた
新しい競技場をつくらないで、いまある競技場を改修するエコな五輪にしませんか?という思いが高まったようです。

このページの先頭へ