ドナルド・マクドナルド・ハウスの子どもたちへ応援メッセージを届ける「ハッピーリングプロジェクト」

闘病生活を送る子どもと家族の方が一緒にいられるよう、病院のすぐそばに建てられた滞在施設「ドナルド・マクドナルド・ハウス(以下、ハウス)※」。日本全国7カ所にあり、多くのボランティアスタッフと企業・個人の方の寄付によって支えられています。ハウスの存在と活動についてもっと知ってもらいたい、病気と闘う子どもたちとその家族へ元気や勇気を届けたい、という思いからチャリティキャンペーン「ハッピーリングプロジェクト」が開催中です。

現在、あなたが「元気になれた」「勇気をもらった」というヒトコトを募集中。「ハッピーリングプロジェクト」の特設サイト上のフォームから送れるほか、ケータイやTwitterからも投稿を受け付けています。これまでに届いた応援メッセージは、特設サイト上で公開。"応援の輪"をイメージした画像の上にマウスカーソルを合わせると、1つ1つのメッセージを読むことができます。

集まった応援メッセージは各ハウスに届けられます。2011年1月29日(土)~30日(日)には、世田谷のハウスで1泊2日のメッセージ贈呈イベントを開催。プロジェクトのスペシャルサポーターを務めている歌手の今井絵理子さんも参加します。このイベントに、小学生の親子ペア10組を招待。全国から集まった心温まるメッセージを、今井さんと一緒に届けませんか。参加応募は、マクドナルドのサイト内「Mc Happy Day チャリティーキャンペーン」で受付中です。

キャンペーン期間中の11月20日(土)に「世界こどもの日」を迎えたことから、20日と21日の2日間は、マクドナルドで「ハッピーセット」を購入した子どもたちに「ハッピーリング」がプレゼントされました。同世代の子どもたちを応援し、チャリティーの心を育んでもらいたいという願いが込められていま
す。

チャリティキャンペーン「ハッピーリングプロジェクト」は12月12日(日)まで。ぜひ応援メッセージを投稿して、"応援の輪"を広げてください!

「ドナルド・マクドナルド・ハウス」を運営する(財)ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパンは、地域ボランティア、企業、個人の方々など多くの善意によって支えられている公益財団法人。

ピックアップ

gaienwalk06

新国立競技場がどれほど大きいのかみてきた
新しい競技場をつくらないで、いまある競技場を改修するエコな五輪にしませんか?という思いが高まったようです。

このページの先頭へ