薪ストーブの使い方

薪ストーブの火の付け方は、焚火などと基本的には同じ。まず杉の枯れ葉やマツボックリなどの燃えやすいものを置き、その周りに細い薪からだんだんと太い薪が燃えていくように組んでいく。これが上手にできれば火種はマッチ一本で十分。

火力の調整は当然マニュアル。薪の量や空気窓の開閉で中の温度を調整。温度が高くなりすぎるとストーブが痛むので、どんどん燃やせばいいというものではない。

エアコンやガスストーブならスイッチ一つですむけれど、薪ストーブだと暖をとるためにこの面倒臭さだ。でもこの面倒臭さがいいんだろうな。やっぱり薪ストーブの生活って楽しそうだ。

sutobu_11.jpg
この火をつける準備が楽しそう。

sutobu_12.jpg
ストーブの火の前にいると、部屋の空気が暖まるよりも前に、体が直接ホカホカと温まっていく感じがする。

薪ストーブは料理もできる

薪ストーブのいいところは、家の暖房になるだけでなく、その熱で料理もできるというところ。ストーブの上に鍋を置いておけばお湯が沸く感覚は子供のころに灯油ストーブを使っていたのでイメージできるのだが、時間のかかる煮込み料理などもガス代を気にせず作り放題とはうらやましい。

カズさんの場合、薪ストーブが活躍する冬場は、オカズはもちろんご飯を炊くのも全部薪ストーブでやってしまうそうだ。

sutobu_13.jpg
薪ストーブだと沸かしたお湯すら普通よりおいしそうに思える。

sutobu_14.jpg
いい感じに燃えた炭を七輪に移せば、網焼きなども楽しめる。これで自家製の干物を炙ると最高。

地図を見ながらどこの地方に住むべきか迷ってみたり、田舎で自分ができる仕事はないかと探してみたり、庭にどんな木を植えるべきか考えてみたり、薪ストーブを使った冬場の暮らしを想像してみたり。

このように今日も田舎暮らしの「ごっこ遊び」を楽しみながら、特に不満もなく埼玉のベットタウンで生活をしている。

■カズさんのブログ:房総半島でゆっくりと丁寧に暮らす

【関連記事】
冬本番! 防寒対策はハクキンカイロで決まり
モンゴル大草原の知恵!燃料は拾ってこれる
日本さかな検定「ととけん」ってなんだろう?

1 2 3 4

ピックアップ

tandoor08

楽しい!おいしい!ケータイタンドールの魅力
ケータイタンドールと名付けた調理器具。魚も肉もジューシーに焼き上がるそう!

コメント

  1.  こんにちは!
    私も薪ストーブが大好き!東京人間です。
    でも八ヶ岳の大井ケ森に山小屋があります。
    私も薪をいまだ買っていません。もらい専門!
    切っている方見つけると必ず声をかけ処分するか聞きます。
    東京では木を1本切ってもらうにも6万円かかります。
    切っている人に私は自分の住所と地図を書いてガレージまで
    運んでもらいます。そのかわり山に行く時積んでいきますよ。
    山でも何回回t抱いています、そのかわり太いのです、
    でも山の生活は楽しい、ストーブん上で焼き芋作るのが好きです。

このページの先頭へ