himono_top.jpg

漁業の街というイメージが薄い千葉県船橋市。その船橋漁港で水揚げされた魚の利用拡大・地産地消を進めるために、静岡県伊東市で干物にして、船橋に戻して販売するという、東京湾を股にかけた試みが始まった。

船橋漁港で水揚げされた魚の干物試食会

以前、ボラを食べることを啓蒙する日本鯔学会の取材(こちらの記事)をさせていただいたのだが、そこの事務長である伊藤さんから、船橋で水揚げされた魚を使った干物の試食会の案内が届いた。

船橋という街には立派な漁港があって、そこでは三番瀬の恩恵を受けた豊かな海(江戸前)の魚が水揚げされているというのは何度かの取材を通して知っていたが、毎回話に出るのがボラを含めた未利用魚(商品価値の低い魚)の活用方法。

サイズが小さかったり、数がまとまらなかったり、おいしいのに知名度がなかったりと、様々な理由で値段のつかない魚に付加価値をつけるべくはじまったのが、未利用魚を干物に加工するという取り組みなのである。

himono_IMGP1595.jpg
会場はNPO法人ちばMDエコネットが運営する「ひなたぼっこ」。

himono_IMGP1626.jpg
今回の干物作りのコーディネートを担当している東京湾うお☆ごころ喰ラブの伊藤さん。

きっかけは地元の祭りで巻網船大平丸の船員が手作りの干物を販売したのが好評だったこと。これをみた伊藤さんと大平丸の網元である大野さんが中心となって、船橋漁港で水揚げされた魚を使った干物を作成するプロジェクトが去年の六月からはじまったのだ。

これまで船橋漁港で水揚げされた魚はすべて鮮魚として市場などに卸しており、直接干物に加工されるということはなかった。船橋には干物加工業者がいないのである。

そこで大平丸から水揚げされた魚を、船橋の魚卸し業者であるダイサンから静岡県伊東市にある老舗干物屋の島源商店へと出荷し、できあがった干物を船橋へ戻して販売するという魚の循環を生みだしたのだ。実際に船橋の魚を使った干物を作るようになってまだ半年だが、すでに30種類もの魚の干物がつくられているという。

himono_IMGP1610.jpg
試食用に用意されたアジ、イワシ、イシモチの干物。

1 2 3

ピックアップ

tandoor08

楽しい!おいしい!ケータイタンドールの魅力
ケータイタンドールと名付けた調理器具。魚も肉もジューシーに焼き上がるそう!

コメント

  1. 面白い記事でした。
    近所のスーパーで売ってる干物よりもずっと美味しそう。直接買いには行けませんが、ネット経由で買えるのであれば買いますよ。その際は、賞味期限(冷蔵で何日、冷凍で何日)を明記して下さいね。

このページの先頭へ