ツメタガイをやっつけろ

夢中になってバカガイを探していたら、砂に埋もれたUFOを発見。中の宇宙人は無事だろうか。

higata_IMGP0605.jpg
アダムスキー型というやつかな?

というのはお約束の干潟ギャグ。これはツメタガイという肉食の巻貝が、足(?)を投網のように広げてアサリやバカガイなどの二枚貝を捕食しているシーン。

higata_IMGP0607.jpg
持ち上げるとシュルシュルと縮んでいく。宇宙船というか、これ自体が宇宙人っぽい。

このツメタガイ、ものすごい量の貝を食べてしまう困った貝なので、私は干潟からバカガイなどの貝を少しもらっていく代わりに、こいつを見つけたらなるべく持ち帰って食べるようにしている。これぞ肉食の貝といったワイルドな味がする珍味だ。

なかなかこれを食べようとする人は少ないかもしれないが、ウィキペディアにも食べ方が載っているので(こちら)、見かけたら一度といわずに毎回食べることをオススメする。ツメタガイのせいでアサリが全滅している潮干狩り場もあるのだ。

干潟には海苔も生えている

便利な道具を使えばバカガイはいくらでも獲れるのだが、素手で明日のおかず程度のバカガイを確保したところで潮干狩り終了。漁業権がないということと、なにをどれだけ獲ってもいいということは違うと思う。

帰り道、岩に天然の海苔が生えていたので、これも少しいただいていくことにした。これを味噌汁に入れるのが好きなのだ。

higata_IMGP0611.jpg
海苔を発見。こうやってみると、まさに海の苔ですね。

higata_IMGP0616.jpg
貝殻で海苔をかき集める。無心。

higata_IMGP0620.jpg
海苔を網に入れておいたら、ナマコみたいになった。

久しぶりの夜遊びはこれにて終了。

陸に上がってもまだドキドキしていた。

「お互い風邪ひかないように」といいつつ解散。

また遊びましょう。

higata_IMG_0105.jpg
バカガイ、やっぱりうまい。

1 2 3 4

ピックアップ

tandoor08

楽しい!おいしい!ケータイタンドールの魅力
ケータイタンドールと名付けた調理器具。魚も肉もジューシーに焼き上がるそう!

コメント

  1. 地球のココロを見つけて、拝見しました♪
    ユーモアと理性あふれると言うのでしょうか,うまく言えないですが、
    ステキなこの記事に拍手を送ります。
    >漁業権がないということと、なにをどれだけ獲ってもいいということは違うと思う。

    この部分には痛く惹かれるものがありました★

このページの先頭へ