furosiki_top.jpg

海外旅行のカバンといえば、スーツケースやザックであろう。しかし、省エネ省スペースの最たるものといえば、風呂敷ではないだろうか。果たして風呂敷は海外旅行で使えるのか。

そもそもなぜ風呂敷なのか

世間の常識では、もはや海外旅行といえばスーツケースである。持たなくても運べるし、丈夫だからであろう。だが、よく考えてみると365日旅行し続けている人は稀だ。10日間も旅行していれば多いほうであろう。使わない日々はけっこうな荷物になる。そして、何よりスーツケース自体が重くて荷物になる。これは無駄である。

こちらの写真をご覧いただきたい。スーツケースに比べて、荷物がない状態での風呂敷の圧倒的なコンパクトさがお分かりいただけると思う。

furosiki24.jpg

圧倒的な体積の差(未収納時)

さすがに、物質を圧縮する性能はないので、荷物を包むとその分膨らむわけであるが、スーツケースはその体積も一定なのに対し、風呂敷は運ぶ荷物の量に応じて増減する。小さい荷物ならその分小さく、大きくなればギリギリまで大きくなる。

なにより材料は布一枚。担ぎ方次第で、布が体の広い面積にフィットするのでずいぶん楽である。また、自然に身体のバランス感覚が養われる。階段でスーツケースを持ち上げて運ぶ動作は決して自然とは言えない。

furosiki25.jpg

やわらかいので体に沿う

海外へ行くために

さて、海外に行くためには船という手もなくはないが、たいてい島国日本では飛行機に乗る必要がある。したがって、風呂敷で海外旅行に行くためには国際便に乗らなければならない。

まず、一般的な懸念事項は2つだ。

1.そもそも航空会社が預け荷物として受け入れてくれるのか

2.仮に受け入れてくれたとして、無事に荷物は届くのか

である。

これまでモンゴル航空、大韓航空、スリランカ航空、スカンジナビア航空、バルチックエアライン、中国東方航空にてテストした。その結果をお知らせしたい。

まず、預け荷物として受け入れてくれるかどうか。これは、実際にやってみる前に知りたいところだが、読者の皆さんはこの記事を読んでいただければ大丈夫だろう。

furosiki17.jpg

この風呂敷は果たして預け荷物としてOKなのか。

1 2 3

ピックアップ

tandoor08

楽しい!おいしい!ケータイタンドールの魅力
ケータイタンドールと名付けた調理器具。魚も肉もジューシーに焼き上がるそう!

コメント

  1. 感動しました!勇気とチャレンジ精神と好奇心に!
    「帰路、お土産を入れるスペースも考えてスーツケースは大きめの物を選んでください」
    という海外旅行初心者向けのアドバイスを聞いたことがありますが、
    大きめのスーツケースでは往路で空気を運ぶことになり
    いろいろな面で無駄じゃないかと思ってました。
    風呂敷を一枚持っていけば、帰路に衣類などを風呂敷に移すことで
    スーツケース内にお土産用のスペースを空けることができますね。
    エコノミークラスでも手荷物は2個まで預けられるみたいですし。
    本当に目からウロコでした。

  2. コメントありがとうございます。確かにスーツケース+風呂敷ということでもずいぶん荷物を小さくできますよね。往路は畳んで帰路に使う、これは私にも発見でした!

  3. 三つ柏ですか!
    いまどき家紋入りの風呂敷をお持ちとは、お若いのにヤリますね。
    渋い!

  4. 来月ハワイに行きます。
    これはぜひ実践しなきゃw
    風呂敷だけじゃ預かる側もばらばらになる心配があるから、
    やっぱり袋は必要なんですねー。
    たしかにスーツケースもがんがん投げてるしw
    伊藤さんみたいに荷物が少なければm、風呂敷だけで出国したいところですが、
    あたしは荷物が多いので、行きはスーツケースの中に入れて、
    帰りに使ってみようと思います♪
    お土産用のお米とか味噌とかなければ、風呂敷だけで行けそうなのにー。
    高い折りたたみのバック買わなきゃよかったー

  5. 五瓜に橘さま
    三つ柏、古道具屋で見つけて即断で買いました。かなり大きいので重宝しています。 五瓜に橘の家紋の拝見しましたがかっこいいですね。風呂敷が流行ってターンテーブルが風呂敷だらけになっても、家紋で見分けがつくでしょうか。

  6. ハワイへ行かれるとのこと、常夏の島で風呂敷が活躍するのも楽しみな風景です。ぜひ帰りだけでも使ってみてください。実はビニール袋は航空会社によって無しでも二重風呂敷ならOKな場合もあります。念のためと防水という意味合いもあると思います。

  7. 昔、オーストラリアに(何航空かは失念)に着物・風呂敷という出で立ちで行ってみた。したら行き・帰りとも手荷物検査で思い切りつかまってしまいずいぶん時間を取られた苦い思い出が。やりすぎはアカンということやね。

  8. 検査官の方は、あまりにも目立つ人をチェックするように訓練されているのかもしれません。両方そろうと、見逃すわけにはいかないのでしょうか。もっとも、民族衣装のチェックが厳しいと言うのはいかん、と思います。

  9.  アジア・アフリカブロックは、こんな感じの荷物で里帰りとかしそうですが…、貨物係的にはどうなのかな…(笑)。

  10. 初めまして、伊東と申します。
    私はマジカル風呂敷を販売しておりますが、以前、韓国からの帰りにマジカル風呂敷を利用しましたが、質問すらされませんでした。
    一見、風呂敷には見えず、気が付か無かったためと思われますが。。。^_^

このページの先頭へ