nobiru_top.jpg

春になると大量に収穫できるおいしい野草、その名はノビル。今回はその保存方法とオリジナルレシピを考えてみた。

今年もノビルが豊作だ

昨年の春、ノビルというおいしい野草をたくさん採ってきて食べるという記事を書かせていただいた(こちらの記事参照)。

ノビルについての詳しい説明はそちらを読んでいただくとして、今回は期間限定で採り放題のノビルを、もっと長期的に、そして気楽に食べるためのレシピを考えてみたいと思う。

ということで、まずは今年もシャベル片手に近所の河原へノビルを採りに行ってきた。

nobiru_IMGP1208.jpg
お気に入りの河原は生えている草の七割がノビル。お菓子の家ならぬノビルの床だ。

nobiru_IMGP1220.jpg
まだちょっと早かったのか、玉の部分が小さいものが多かったけれど、これくらいが柔らかくておいしい。

今年もノビルは豊作のようで、パチンコ玉くらいの中型サイズを中心に、ものの30分でバケツ一杯分を収穫。採ろうと思えばいくらでも採れるのだが、これ以上採るとまた下処理で泣くことになるなと思った頃に、ちょうどシャベルが折れて強制終了。うん、ちょうどいい。

ノビルはこんなに簡単に採れて、元気のでそうな味なのに、今年もほかに採っている人はいなかった。でもスーパーとかでたまにいい値段で売っていたりするんだよね。

nobiru_IMGP1223.jpg
今年もシャベルをひんまげて収穫終了。この時期、毎年一つシャベルを壊す。

nobiru_IMGP1231.jpg
最後の最後に特大サイズを見つけてご満悦。しかし今年の花粉症は強烈ですねー。

ノビルってラッキョウに似ていないか

ノビルは採るのにかかった数倍の手間をかけて下処理をする義務が生じる。この手間があるからノビルを一部のマニアしか採らないのかな。まあこれも年に一度の修行だと思えば悪くないけどね。

nobiru_IMGP1238.jpg
手間はかかるけれど、かける価値のある味だと思うよ。

さてすべての下処理を終えたところで、指先の匂いを嗅ぎながらどうやったらこのノビルを長期間楽しむことができるのかを考えたのだが、この玉の部分、ラッキョウに似ていないだろうか。

試しに葉っぱ部分と切り離してみれば、サイズこそ違えど、カレー屋においてあるラッキョウっぽい。たぶん植物学上も似たところに位置しているはず。

nobiru_IMGP1240.jpg
ラッキョウよりもニンニクっぽいかな。

ラッキョウといえば甘酢漬け。それなら日持ちもするし、以前からラッキョウの甘酢漬けは味の濃さの割に大粒すぎる気がしていたので(切ればいいっていう話だが)、ノビルで作ればきっと完璧。

よし、ついでだからピクルスも作ってみよう。甘酢漬けとピクルスの違いが正直よくわかっていないのだが(カレーライスとライスカレーみたいな違い?)、きっとどちらもおいしいはずである。

1 2 3

ピックアップ

tandoor08

楽しい!おいしい!ケータイタンドールの魅力
ケータイタンドールと名付けた調理器具。魚も肉もジューシーに焼き上がるそう!

コメント

  1. はじめまして
    自分はあまり辛くない葱みたいだと思っています
    自分の実家では生のまま味噌を付けて
    酒の肴にしています

  2. 採って作ってみたいけど
    どこに生えているんだろう?
    どなたか都内でお勧めの場所を教えてもらえませんか?

  3. 匿名さんがどの辺りに住んでるか分かりませんが、
    近くに川原ないでしょうか?
    東側は江戸川、西側なら多摩川などの土手沿いなど。
    大きな川の傍であれば見つかると思います。

  4. たまたま京都の加茂川を散策中ノビルをみつけ後先を考えず思わず収穫、下処理の合間に検索したところみつけました。去年の記事を読み何回も笑いました。http://www.facebook.com/photo.php?fbid=150728108327520&set=a.150726561661008.41922.100001709956649&type=1#!/profile.php?id=100001709956649

  5. 私はまだ”のびる”食べたことありません・・・・
    家の畑には厄介者の雑草として毎年畑一杯にはえています。
    これをどう処理しようかと今回ブログ見ました。
    結構美味しそうなので今年は挑戦してみます!!
    ちなみにラッキョは大好きで毎年ラッキョ漬け作っています。
    それから私が住んでいるところは愛媛県です。

  6. 玉置さん、はじめまして。
    この時期はノビルですよね。
    この間も近くの河原で採取して、生のまま味噌をつけていただきました。
    ノビルの時期が過ぎたらエシャロットを同じように味噌をつけて食べます。
    この時期はワラビやツクシ、よもぎなど、
    買わなくて済む食材が目白押しですね。

  7. タマスダレとの見分けに注意しましょう。
    非常ににていますので。

  8. 会社の近所の河原に、今からノビル採りに行きます。
    ノビルって、酢味噌和えかくるくる巻いて天ぷらにするくらいしか思いつきませんでしたが、
    葉を刻むのに目からウロコ!ニラのなかまですもんねーー。
    今晩のおかずの参考にします!!

このページの先頭へ