お楽しみは農作業だけではない

このプロジェクトの目的は自分たちで一から育てたお米で酒をつくるというところなのだが、参加者の話を聞いていると、どうやらお楽しみはそれだけではないらしい。

ここのメンバーはお酒をつくるために農作業をするような人達である。当然「食」に対して深い関心のある人達が多く、ランチには屋外料理の粋を越えたメニューが並ぶらしい。それを物語っているのが田んぼの脇に設置された手作りの石窯なのだが、これはあくまで即席バージョンであり、もっと本格的な石窯と、タンドール付きのカマドも作るそうだ。

tanbo3_IMGP8677.jpg
今度作る石窯は、こんなものじゃないそうです。これでも十分すごいけどね。

料理好きの人にとっては腕のふるいがいがある舞台だろうし、食べるのが好きな人にとっても当然天国となるだろう。またそんな人達だから、おいしいお店やお酒の情報も盛りだくさん。今日は午後から作業の日なので、残念ながらランチタイムなしなのが悲しい。

そしてみんなが口を揃えるのは、ここにくるようになって友達が増えたということ。趣味や生き方の方向性が近い人達が集まっているので、初対面の人から登山に誘われたり、農作業の後に反省会という名の飲み会にいくこともしょっちゅうだとか。

この場に私を誘ってくれた、去年から参加している友人の言葉を借りれば、「打てば響く人達」が揃っている田んぼなのである。

tanbo3_IMGP8702.jpg
田んぼへ下りる階段も手作り。こういうことから楽しめる人が集まっているのだ。

tanbo3_IMGP8756.jpg
家族そろって見事に泥んこ。おかあさん、洗濯がんばって!

tanbo3_IMGP8783.jpg
今回初参加の二歳児コンビ。一人は大喜びで田んぼに突入し、一人は親のそばから離れず。

tanbo3_IMGP8786.jpg
あくまで自分のペースで参加と作業が可能なので、赤ん坊がいても大丈夫。

tanbo3_IMGP8862.jpg
好きなブロガーが参加していたのをきっかけに、宇都宮から単身参戦している女性も。

田んぼでの作業は、田植えが終わると稲刈りまではひと段落となるのだが、今後も草むしりや案山子作りなどとあわせて、バーベキュー大会などが開かれるとか。さらには自分達が食べるために野菜を育てたりもするらしいので、今から入会をしても十分楽しめそうな予感。

昔ながらの農作業、本格的な屋外料理、そしてそれを楽しめる仲間達。少しでも興味を持った人は、とりあえず「僕らの酒」のホームページをチェックしてみてください。

tanbo3_IMGP8848.jpg
お、今年初の桑の実ゲット!

1 2 3

ピックアップ

tandoor08

楽しい!おいしい!ケータイタンドールの魅力
ケータイタンドールと名付けた調理器具。魚も肉もジューシーに焼き上がるそう!

このページの先頭へ