ガイガーカウンターで測ってみた

RadScan はもう売り切れで在庫がないのだが、試作機を借りることができたので、家の前の放射線量を測ってみることにした。

テレビの向こうの話ではなく、今ここにある現実を測るのだ。暴飲暴食後の体重計に乗る時の何倍もドキドキする。

できるだけ小さい数値でお願いしますと、八百万の神に祈りながら計測をした。

gy_0989.jpg
やっぱりちょっと高いが、市が発表している1メートルの高さの値とほぼ同じだった。なるほどー。

自分で測る前までは、ここがなんらかの理由でとても高い数値だったらどうしようと、放射線というものが目に見えないものだけに悶々としていたのだが、ガイガーカウンターで測ることで、だいぶすっきりすることができた気がする。

何度か測ってみて、少しでも低い数値を信じたくなる自分の気持ちに気がついた。この感情、たぶん日本中のあちこちにあるのだと思う。実際にガイガーカウンターで測ってみると、数値以外にもわかってくることがあるようだ。

保育園、家庭菜園、実家など、何箇所か測ってみたが、我が家の生活圏内はほぼ同じ値。ただちにどうこうする必要はないようだが、事故前よりは高いのだと思うと、やっぱり気持ちのいい数字ではない。

数値を知ることで、とりあえずの安心と同時に、これがもっと高い数値だったら自分はどうしただろうという、漠然とした不安が襲ってきた。測る前は放射線量の値が高くても個人ではどうにもできないから、それを知っても仕方がないかなとも思ったのだが、知ることが次のアクションにつながるのだ。

放射線量を知る権利ってこういうことかと実感した。

【関連記事】
Open Geiger Project
あたらしもん

【関連記事】
かき菜はおいしい野菜です!
液晶テレビの電気料金がタダになる!?エコワザ
石巻市にモンゴルゲルを建ててきた

1 2 3 4

ピックアップ

tandoor08

楽しい!おいしい!ケータイタンドールの魅力
ケータイタンドールと名付けた調理器具。魚も肉もジューシーに焼き上がるそう!

このページの先頭へ