tbindex1.jpg

4月に、「御野祭」というイベントに行った。野菜を使った料理を、新進気鋭のフードケータリングユニットが作る、という企画。これが大盛況で、会場は「めずらしくて、ヘルシーで、楽しいものを食べたい!」という好奇心いっぱいの女性客で満員御礼だった。
その中でも、気になったユニットのひとつが“粒粒”だ。川瀬知代さんと、益永梢子さん、2人のユニット。
真っ赤な、あまりにもカラフルなおにぎりが、とても印象的だった。食べてみたら、形容し難い不思議な美味しさだった。なにこれ!?

tbindex2.jpg
赤くて、おいしくて、びっくりしたおにぎり。

——「御野祭」楽しかったです。あの赤いおにぎりは、一体何で出来ているのだろうかと、不思議でした。

益永さん「赤いお米は、ビーツとパプリカパウダーで色付けしています、チキンも一緒に炊いていて、トマトもちょっと入ってます。菊の花びらとおかひじきをトッピングしているんですが、おかひじきがもつれてて(笑)、ほぐすのに、すごく大変でした。説明しながらお出ししたかったんですが、作るので精一杯で。」

——イベント自体はいかがでしたか。

川瀬さん「想像以上に盛り上がったイベントだったので…、私たちも他のブースを回ってみたかったんですが、その暇が全くないままに、完売してしまいました。」

tbindex3.jpg
tbindex4.jpg御野祭での様子。3種のおにぎりがカラフル。携帯で写真を撮っているお客様がたくさんいました!

——フードユニットってどうやってどうやって誕生するのか、素朴に疑問なのですが…。私の想像では『バンドやろうぜ!』みたいなノリなのかな? と、勝手に思っているんですけども。

川瀬さん「そんな感じですよ(笑)」

1 2 3

ピックアップ

tandoor08

楽しい!おいしい!ケータイタンドールの魅力
ケータイタンドールと名付けた調理器具。魚も肉もジューシーに焼き上がるそう!

このページの先頭へ