faday_top.jpg

東広島市の山側にステキな里山があるという話を聞いたとき、「父の日」に旅をプレゼントするって(親孝行で)いいかもと思った。アラ古希の父にちょっと話してみたところ「いいねぇ」といってくれたので、ちょっと早めでしたが一泊二日の旅をしてきました。

......といっても、いつも父の日に何かしているわけではなく、誕生日も覚えていたら電話するくらい。少し前、DPZにいた工藤さんから母と息子の親孝行ツアー構想を聞いて実現したらおもしろそうと思っていたからか、ふと父と旅するイメージがおりてきました。

訪ねたのは東広島。お酒好きな方には有名な「西条」を通過して、さらに山を登ったところの「福富(ふくとみ)」とその北に続く「豊栄(とよさか)」という町へ。

カッコイイ!赤茶色した瓦の家!

西条から375号線を北上、福富町に入ったあたりで、父が「屋根の上にシャチがいる」と。みると赤茶色した、分厚く重厚なつくりの瓦が重なった家々が点在。瓦の先端にいるのは鯱だけでなく、鳩のような鳥や羽を広げた鳥などいろいろで「鬼瓦か?」などと話していたけど、鬼は見つけられず。

fadayfapic2.jpg

fadaykawarahato.jpg鳩、ですよね

fadaykawara1.jpgキラキラ!っと太陽を反射させる光る瓦があって、それがまたよかったんです

飾り瓦をじっくり見比べるツアーもしたかったけど、最初の目的どおりヘルシーランチを目指して、カントリーグレインというパン屋さんの隣にある「Cafe SPROUTS」へ。

田園風景を眺めながらのんびりランチ

ランチは一番乗りで、お店の中も外もじっくり見学できました。親子でカメラを取り出して、撮影タイム開始。

fadaylunch1_3.jpg壁に食いついた父。本物の植物が埋め込まれた壁。天井近くに八角、地面近くに種、稲とか小麦...とかいろいろな食べものなんだろうねとしばし鑑賞。

fadaylunch1_2.jpgお店の正面に広がる景色。写真は視界に入ったごく一部。山と瓦の色合いと、田植えが終わったばかりの田んぼの水とが、すごく贅沢な雰囲気を醸し出してました。ちゃぼんと大きな蛙のはねる音も優雅に聞こえました。

しかしこの店にたどり着くまでの道でほぼ誰ともすれ違ってないのに、どこから集まったの?というくらいお客さんが次々とやってきてびっくり。パンを買うべきか悩むうちにランチが運ばれてきました。

fadaylunch1_4.jpg季節のランチプレート

父は厚揚げのソースが意外だったらしく「これはなんだ?」と興味津々。パンはしっかり噛み応えのある味わい深いパン。お腹が満たされました。

fadaykataokasan.jpgパン職人さんかと思ったら、お料理とデザートの担当だった片岡裕士さん。厚揚げのソースのなぞも教えてもらいました。

fadaywatanabesan.jpgパン職人渡辺美穂さん

鮮度が命のパンだから次の日にまた来ますといって2日目、時間がなくなり行けなかった...ごめんなさい、またいきます。

ゆっくりお昼を食べた後は、6月上旬まで一般解放されているとネットで知った「クロボヤ峡」というシャクナゲが群生する地帯へ。

fadaykuroboya0.jpg奥の湿原「殿様池」が一番の見どころポイント。ここまで歩くようにと入り口で言われた

鳥の声浴と森林浴をしながらよく目をこらすと、

fadaykuroboya1.jpg淡いピンクの花があちこちにありました

fadaykuroboya2.jpg

fadaykuroboya3.jpg50mmのレンズで撮る父

fadayfapic1.jpg撮れた写真(撮影:父)

今年は去年の半分くらいの咲き方だったのと、見頃も3日前だったよと言われたように、ベスト!ではなかったけど、おいしい空気とこころ洗われる鳥の鳴き声を吸収しながら1時間ほど散歩して、しっかり汗をかきました。森林セラピー的アクティビティと思ってこのルートを考えたのに、けっこう早歩きだった父。

1 2 3

ピックアップ

tandoor08

楽しい!おいしい!ケータイタンドールの魅力
ケータイタンドールと名付けた調理器具。魚も肉もジューシーに焼き上がるそう!

コメント

  1. 清水まゆみ様
    先日は御来店有難うございました。
    「父娘の旅」素敵でしたね。素敵なお父様と娘さんののんびり(?)の旅は最高ですね。季節も良くて最高の父の日のプレゼントでした。世のお父様方の多くが羨まれたことでしょう!!美しい写真と紀行文を楽しませていただきました。
    母娘の旅は割りと多いと思います。私も十五年ぐらい前の「母娘の旅」を思い出しました。シアトルでレンタカーをしてシアトルの北部の港からフェリーでバンクーバーに行き、バンクーバーの北部の田舎町に滞在しました。「老いては子に従え」まではいきませんが、母娘が成熟した人間同士として旅を楽しみました。今後益々お元気で御活躍ください。お近くにお出での際は再度お寄りください。素敵なお父様によろしくお伝えください。レストランサンサーラ 難波久佳

  2. 難波さま
    コメントをいただきましてありがとうございます!
    父と娘の旅、初めてでしたがなんとかなり、また新鮮な旅でもありました。
    梅雨前の本当に気持ちのよい気候のときにお伺いすることができまして
    ありがとうございました。
    豊かなお庭や畑もみせていただきましてありがとうございました。
    デザートがもりだくさんの、「メンタイ」初体験の
    とてもおいしいランチでした。
    難波さまの「母娘旅」も、一個人としてお互いに旅ができるのは
    本当にいいですよね。素敵なことと思います。
    (そしてたしかに母と娘の旅の方が圧倒的に多いでしょうねと
    思います)
    父にもメッセージいただきましてありがとうございます。
    また東広島に遊びにいきたいと思います。ありがとうございました。

  3. こんばんは、母から話聞いてのぞきに来ました。
    とても素敵な旅ですね!!広島はあまり行ったことないけれど、行きたくなってきました。料理もすごくおいしそう(笑)
    私は旅までプレゼントできなかったけれど、本日は父が還暦迎えた祝いに食事をごちそうしてきました(某ドイツ料理店)。旅も良いですね。

  4. うらこさま
    コメントありがとうございます!
    還暦にお食事をプレゼント!ステキですね。
    東広島はお料理も景色もとてもよかったです。
    旅もよかったので、ぜひ次回(古希でしょうか)の際など
    オススメです。
    お母様からご紹介されましたとのこと、ありがとうございます!

このページの先頭へ