nomadagritop.jpg

農業というと、定住生活様式の原初である。狩猟採集生活で移動しながら暮らしていたのが、農耕をするようになってから定住できるようになったというのが、歴史の教科書で習った通りだ。

定住しない農業のあり方を検討する

蒙古斑があるモンゴロイドが多い日本では、遊牧民の気質を受けついだ人が幾人かいるだろう。そういう人たちが農業に関わる方法はないものか、と以前から考えていた。

というのも、田舎に定住する、というのができない人もいるのではないか、と思うからだ。さらに、定住しないで農業に関わる方法があればそれは新しい選択肢が増えることになる。悪くない。

昨今「ノマド」という言葉が、妙な宣伝文句になってしまったきらいがあるが、ちゃんと検討すれば色んな可能性を秘めていることは間違いない。

万が一、メディア関係の方で、「ノマドブーム」を煽りつつも、盛り上がったら揚げ足を取る、という「マッチポンプ」作業をやられている方がおられたら反省していただきたいところだ。言葉は耐久消費財ではない。ついでに人間も。

ノマドは別にカフェで仕事ができる、とかそんなちゃらいスタイルの話ではない。非定住の思想である。

nomadagri01.jpg

そう言っても草は生えてくるから、定住農家との協力が必須だ

定住して農業する人は草刈りなど定常やらないといけないことを、非定住のひとは局所的な忙しい時期に助っ人する。
このような組み合わせでノマド的に農業をやることができないか、ノマド農業について考えてみたい。

1 2 3

ピックアップ

tandoor08

楽しい!おいしい!ケータイタンドールの魅力
ケータイタンドールと名付けた調理器具。魚も肉もジューシーに焼き上がるそう!

コメント

  1. 大変おもしろいお話でした。
    我が家も毎年梅酒をつけてます。
    時期になりましたら購入したいので連絡をいただけるとありがたいです。
    宜しくお願い致します。

  2. コメントありがとうございます。
    続報として、また地球のココロやtwitterなどでお知らせいたします!
    梅屋伊藤園のサイトがそのうちできると思いますのでそちらでも。
    うちでは、今年はてん菜糖で漬けてみました。

  3. 当方もこのようなアイデアを煮詰めたいと思っておりました。
    といいますのも、地球に負荷をかけずに生きたい。と思う人は、
    好奇心旺盛、旅好きが多いと思うからです。
    日本中に・・・世界中に、共感する人たちが、シェアしあえるシステム、できたら素敵♪
    ちなみに、ウーフ的なものは、受け入れる、受けいられるの関係のため、
    こだわりのある「農」拠点のシェア というコンセプトでおねがいします・・・

このページの先頭へ