coolmiso_01.jpg

日に日に濃くなる秋の気配に、暑がり汗っかきとしては「今年の夏も乗り越えたぞ」とホッとひといきついて、額の汗をぬぐうのでした。あれ、私まだ汗かいてる!? しつこいぞ残暑! よし、今夜も冷たい味噌汁でクールダウンだ。切るだけ、まぜるだけ、よそうだけ、わが家のズボラ飯をご紹介します。

日本の伝統食「冷や汁」

「冷たい味噌汁」と聞いて「冷や汁では?」と思われたかたがいらっしゃることと思います。そうなんです。私が昔、最初に食べた冷たい味噌汁は、新宿にある宮崎県のアンテナショップ「KONNE」の冷や汁でした。社会人になったばかり、代々木の古くて狭いアパートに暮らしていたとき、前夜に深酒をしたあとでも胃腸にやさしく入ってくるのが、冷や汁でした。

coolmiso_02.jpg
記事を書くにあたって久々に食べた。新宿駅前という立地で550円。

coolmiso_03.jpg
煮干しだし、甘めの麦みそ、香ばしいゴマ、爽やかな具材。白飯をインして頂きます。

夏のKONNEは冷や汁が主力商品。物販コーナーでも冷や汁の素がワンコーナーを築いていました。高級路線は、焼き魚のほぐし身が入っているもの、水で溶かずにそのままお椀に移して食べられるものなど。私は自宅用に手ごろな値段のものを購入。

coolmiso_04.jpg
水で溶いて具材を加えるだけ。ゴマや煮干しらしきツブツブが見えます。

coolmiso_14.jpg
家族がキュウリNGなので、シャキシャキ担当として塩もみキャベツを投入。

冷や汁の素を使わずに、きちんと作る場合は、ごまやみそをすり鉢ですり、さらにそれを香ばしく直火で焼き、だしで伸ばすのだそうです。味噌汁を作るとき、みそをすり鉢ですっておくと美味しくなると聞いたことがあります。冷や汁は、さらに直火であぶる手間までかけてあるわけですから、これは「ズボラ飯」とは対極にある、丁寧な料理ですよね。

1 2 3

ピックアップ

gaienwalk06

新国立競技場がどれほど大きいのかみてきた
新しい競技場をつくらないで、いまある競技場を改修するエコな五輪にしませんか?という思いが高まったようです。

コメント

  1. 冷製味噌汁、昨日試してみました。
    いりこだしを冷やしておき、
    味噌を溶いて、胡麻油をひとたらし。きゅうりと豆腐、好みで天かすをあわせるだけ。
    これはいい!
    刻み茗荷などあればもっとよかったかな。
    この夏は何度もこれをつくることになりそうです。

  2. >猫山さま
    コメントありがとうございます。
    胡麻油をひとたらし、美味しそうですね!
    ぜひいろんな薬味で試してみてください。
    ご飯の上に冷奴をのせて崩しながら食べるのも
    暑くて食欲がないときのおすすめです。
    これも天かすが合います!

このページの先頭へ