akari_top.JPG

私たちが当たり前に使っている電気。庶民の暮らしの中に普及し始めたのは明治中期以後で、それももっぱら電灯が主でした。ではそれ以前、ひとはどんな明かりの中で過ごしていたのでしょうか? 「江戸東京たてもの園」で昔の明かりを体験するイベントがあったので、行ってきました。

江戸時代の古民家が会場です

東京・小金井公園にある江戸東京たてもの園はその名の通り、主に都内にあった歴史的な建物を移築して公開。江戸時代の古民家や昭和モダンな建築など、江戸~昭和初期の価値ある建物を眺めたり、実際に中に入ったりすることができます。

akari1-1.JPG
たてもの園内の古民家が会場だ

11月23~25日に同園で行われたイベント「紅葉とたてもののライトアップ」では、特別に夜間も開園。照明デザイナーの面出薫さんらが手掛ける控え目なライトアップで、園内の紅葉や建物が夜景に優しく浮かび上がります。

今回、その中の企画として、江戸時代に建てられた古民家で、江戸から明治、大正までの暮らしの照明を実際に体験できます。部屋ごとに行灯(あんどん)や燭台などが置いてあり、その明るさや使い勝手が比較できるしくみ。菜種油やろうそくの明かりはまさに時代劇の世界ですが、果たしてその実力は・・・?

akari1-2.JPG
最初にスタッフがレクチャー。これが電灯の明るさ。次ページの昔の明かりとの対比にご注目!

1 2 3

ピックアップ

tandoor08

楽しい!おいしい!ケータイタンドールの魅力
ケータイタンドールと名付けた調理器具。魚も肉もジューシーに焼き上がるそう!

このページの先頭へ