bioinstepic_1401.jpg

いま使っているカメラで、もっといい写真を撮りたい!そう思う方は多いのではないでしょうか。野外で実際に撮影しながら、カメラの使い方の基本から写真撮影のコツまでを学べる「初級編ネイチャーフォト講座」が、2月23日(日)に開催されます!

主催は、環境保全のプロ「ビオトープ管理士」資格取得サポートなどの活動をしている「人と自然の研究所」。当日は葛西臨海公園にて、カモやシギなどの野鳥を主に撮影します。「自分のデジカメでどの程度の写真が撮れるの?」「生きものの写真を撮るのに向いているカメラは?」など、カメラについての日ごろの悩みや疑問を解消していきましょう。

ビオトープ管理士を目指す方が、「ビオトープのプログラムに適した写真」や「調査に必要な写真」など、状況に応じた撮影のポイントを学べる内容にもなっています。また、機材のステップアップを考えている方は、体験用として一眼レフカメラやミラーレス一眼なども準備されるので、試し撮りをして購入の参考にすることもできます。

カメラや撮影に関するアドバイスを受けて、もっと写真を楽しみませんか?当日は暖かく動きやすい服装でご参加ください。「初級編ネイチャーフォト講座」の申込み締切は2月19日(水)正午、定員は先着15名です。詳しくは下記リンクからどうぞ。

ピックアップ

gaienwalk06

新国立競技場がどれほど大きいのかみてきた
新しい競技場をつくらないで、いまある競技場を改修するエコな五輪にしませんか?という思いが高まったようです。

このページの先頭へ