yullege.jpg
「ユレッジ」のウェブサイトから引用

日本の「揺れやすさ」と地震防災を考えるサイト「ユレッジ」(株式会社イーティー)では、地震や防災にまつわる情報やコラムなどが掲載されています。

「プロフェッショナルと描く防災の俯瞰図」は、次世代日本の防災をどうしていくべきか、各分野のプロへのインタビューを通して深掘りしています。例えば、野村総合研究所の鈴木良介さんが語る「ビッグデータで人は動くか?」では、防災とビッグデータの連携の可能性について提言。また、石巻でまちづくりに取り組む日本学術振興会特別研究員の渡邊享子さんの「【防災】の制約を超えていく社会と環境のデザイン」では、復興の現場での活動を通して、コミュニティと環境の関係性を踏まえた空間デザインのあり方を語っています。

ほかにも、「地震ハザード、読みこなし隊が行く!」のコーナーでは、知りたい地点の30年・50年スパンで考えた、地震が起きる確率などが算出される「地震ハザードカルテ」(J-SHIS)の見方を解説する記事や、スマホアプリで防災の基礎情報をゲットする方法を解説した記事などが掲載されています。

「防災トピックス」では、各地で行われている防災の取り組みが常時更新されています。

ピックアップ

tandoor08

楽しい!おいしい!ケータイタンドールの魅力
ケータイタンドールと名付けた調理器具。魚も肉もジューシーに焼き上がるそう!

このページの先頭へ