他の魚でも試してみた

簡単で美味しくて、手作りツナが楽しくなってきて、次は別の魚で試してみることに。

tuna_07
鮭は絶対美味しい! 安かったのでサメの切り身も。

tuna_08
鮭はローリエとタイム、サメはローリエ、タイム、ローズマリー、セージで香りづけ。

鮫に入れたハーブは、ローズマリーとセージが少し固く、口に入ると食感が悪くなりそうだったので、だしパックでまとめてあります。食べるときにはパックごと取り除けばよいので、扱いがラクでした。

tuna_09
鮭のできあがり。このままメイン料理にしたいところをぐっとこらえて。

tuna_10
ほぐしてサンドイッチに。鮭は色がきれいなのもいいなあ。

tuna_11
ワンパターンですみません。サメは少し臭みが気になりました。

鮭のツナ、もとい、鮭のコンフィは、想像を上回る美味しさ! 食べごたえがありつつも、しっとりと柔らかい。鮫も同様。この、しっとりした食感は、オリーブオイルのせいなのか、保温調理のたまものなのか。

tuna_12
オリーブ油とハーブの香る、鮭のコンフィ入りおにぎり。青菜は大根葉。

魚料理って、煮たり焼いたりしていると崩れてしまったり、火加減が難しかったりで、私はちょっと苦手意識があったのですが、ポリ袋でコンフィにすると、失敗知らずでした。

また缶詰を使うと、食べ終えた缶を捨てることや、その缶を洗う手間(=エネルギー)がもったいないなあと思っていましたが、その後ろめたさも手作りにはありません。

これからはマグロのアラや、安い鮭を見かけたら、どんどん自家製ツナ(コンフィ)にしていきたいと思います。そして、サンドイッチやスパゲティ以外のツナレシピをもっと増やしたい!!

【関連記事】
漬ける。煮る。「ポリ袋調理」でメインも副菜も
本気で魚肉ソーセージを作る
手作りきりたんぽで作るきりたんぽ鍋は、予想以上においしかった!

1 2

ピックアップ

tandoor08

楽しい!おいしい!ケータイタンドールの魅力
ケータイタンドールと名付けた調理器具。魚も肉もジューシーに焼き上がるそう!

このページの先頭へ