izameshi
「イザメシ」のウェブサイトから引用

いつ起るか分からない災害の備えとして、またアウトドアシにも便利な携帯食として、さまざまなシーンで活躍しそうな長期保存できる備蓄食「IZAMESHI」が9月1日(月)から発売されます。

「IZAMESHI」を開発したのは、アウトドア空間の提案なども開始した建築金物総合商社の杉田エース。ごはん(6種280円~)、パン(3種600円~)、麺類(2種・セット販売のみ)などの主食のほか、煮物、肉、魚などのおかず(5種380円~)、あんこ餅などのスイーツ(2種400円~)、5年保存水(2種150円)とライナップも充実しています(※価格は全て税別)。

これらの商品は単品での購入だけでなく、1日3食がセットになった、水なしでつくれる「スピードセット」、身体にやさしい「ヘルシーセット」、しっかり食べられる「パワーセット」のセットシリーズも用意されています。

普段の生活の中で気軽に備蓄できるよう、パッケージもシンプルでスタイリッシュなデザイン。思わず手に取りたくなるような備蓄食です。現在、表参道にある「クラブエスタ」にて先行発売中です。

ピックアップ

gaienwalk06

新国立競技場がどれほど大きいのかみてきた
新しい競技場をつくらないで、いまある競技場を改修するエコな五輪にしませんか?という思いが高まったようです。

このページの先頭へ