setoushiFinder
「瀬戸内Finder」のFacebookページから引用

瀬戸内の魅力や楽しみ方を、FacebookなどのSNSを活用して、多くの人に発信する「瀬戸内Finder」が7月下旬に公開されました。瀬戸内海に面した7県(兵庫県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県)がタッグを組み、瀬戸内として一体的に魅力を伝え瀬戸内全体の地域活性化を目指す「瀬戸内ブランド推進連合」の新しい取り組みです。

各県の知事が代表会議の構成員を務める「瀬戸内ブランド推進連合」では、瀬戸内でしか体験できない観光や、商品を発掘するなど地域特有の資産を生かす「瀬戸内ブランド」を形成する取り組みが昨年より実施されています。

「瀬戸内Finder」は公開から4日で1万「いいね!」を超え、注目を集めています。現在各県の知られざる名所や郷土料理など、景観や食の写真やテキストが各地から随時紹介されています。また「瀬戸内Finder」のオープンを記念してキャンペーンも実施中。8月23日(土)24時までに応募すると、抽選で「瀬戸内旅行10万円分」が3名にプレゼントされます。地元フォトライターも募集しています。詳しくはFacebookページをご覧ください。

ピックアップ

gaienwalk06

新国立競技場がどれほど大きいのかみてきた
新しい競技場をつくらないで、いまある競技場を改修するエコな五輪にしませんか?という思いが高まったようです。

このページの先頭へ