index1

8月、お盆の帰郷時、私は実家で母とくつろいでいた。
「あら、この俳優さん、なんて名前だっけ。あの作品とあの作品に出てる……。」
私はスマホでぽんぽんと調べてあげた。「****さんじゃない?」
「そうそう、****さん!」

今度美容院に行きたいの、という母が「女優の高畑敦子さんみたいな、ふわっとしたパーマをかけたいの」と言った。高畑敦子さんを画像検索して、「こんな感じ? もっとこんな長さかな?」と見せてあげた。
「そうね、この長さかしら。スマートフォンって本当に便利ね、私も欲しいわ。使いこなせるかしら。幾らくらいなの?」

……機械おんちの娘が、スマホを使いこなせていることに、衝撃を受けたらしかった。
母はほとんど家から出ない。家は自営業をしていて、近くに住む兄が、平日は実家に通っているスタイル。
そして休日も出不精なので、家でテレビと新聞とラジオを楽しんでいる。
でも好奇心は旺盛な人なので、家のパソコンで、インターネットはやっているらしい。でも通販はしたことがないとか。やってみたいんだけど、兄が替わりに面倒な手続きをしてくれるので、自分でやらないみたいだった。

ああ、iPadを、ぽん、と買ってあげられたらなあ。やはり感覚的に使えるアップル社製のものが、母には向いているだろうなあ。

と思ったのだが、「使いこなせるかわからない」「すぐに諦めちゃうかも」しれないものに、なかなかお金が出せなかった。

そんな話を友人にしたところ、「アンドロイドだけど、新品のスマホ余ってるから、あげるよー」とのこと。えええ!

頂いたのは htcの、昨年夏のモデル。ヤフーオークションで買っても3,000円ほどの筐体だという。

そうだ、これ、実家のインターネットでwi-fiとばして、家の中で見られればいいわけだ! ルーターも3,000円くらいだし。
あとは1,000円くらいで充電池買えばいいわけだし。

index2
充電池、いいの買いました。1000円超えた……。

画面を、とにかく分かりやすくカスタマイズして、母にプレゼントしよう!

index3
超かんたんマニュアル作りました(表紙含め全3ページ)

index4
厳選(?)した、母向けアプリ。

そして私は再び、埼玉の実家に向かった。

1 2 3

ピックアップ

gaienwalk06

新国立競技場がどれほど大きいのかみてきた
新しい競技場をつくらないで、いまある競技場を改修するエコな五輪にしませんか?という思いが高まったようです。

このページの先頭へ