【その3】 豆かん→落花生かん

peanuts_06
見た目、ちっとも豆かんに見えないけども。

大好きな豆かん。寒天を煮溶かして固めるくらいならできても、豆をきれいに美味しく炊くのが難しそうで、自分で作ったことはありませんでした。本来の豆かんは、赤エンドウ豆が使われているそうです。これを落花生にスイッチ。黒蜜も、わが家にあったメープルシロップに置き換えさせてもらいます。豆、みつ、寒天の3つの組み合わせで、もう寒天しか原型をとどめていないという。クラシックな甘味に相当な失礼をはたらいている気がしますが、家庭のおやつということでお許しを。

というわけで、塩茹で落花生とメープルシロップで変わり豆かんを作ってみました。寒天と落花生それぞれの味と食感を、甘いシロップがまとめます。主役は違えど、これもちゃんと豆かんになっているぞ、と嬉しくなりました。

【その4】 落花生の甘納豆

塩茹での落花生を、さらに水ときび糖で煮ていきます。最後は焦げ付かないように気をつけて水分を飛ばし、バットでさらにお砂糖をまぶして乾かしました。これで落花生の甘納豆のできあがり! 甘納豆になっても、落花生らしさがちゃんと残っています。

peanuts_07
煮詰めるとき潰れないか心配でしたがOKでした。頑丈な豆なんだなあ。

peanuts_08
バットにあけたら張り付いて、慌てて剥がす。砂糖を敷いておくべきでした。

peanuts_09
しばらく干して、豆の中から出てくる水分が落ち着いてから器に入れます。

これは味見が止まらない、危険な美味しさ。あっという間になくなってしまいました。豆かんといい、甘納豆といい、もう私の中で「落花生は塩茹でして甘くして食べるもの」という認識になってきました。

【その五】 豆もやし→落花生もやし

火が入っていない生の落花生なのだから、「種」として水やりをすれば芽が出るだろう。そうすれば豆もやしになるぞ。どんな味なのだろう。ものすごく楽しみにしていました。それが、それが……、結論から言うと残念な結果になってしまいました。

peanuts_10
豆のサイズがこれだけ違えば、落花生もやしは相当大きいぞと期待していましたが。

peanuts_11
サラダスピナーに水を張って栽培したところ

peanuts_12
6日たっても発芽の気配なし……悲しい……。

思い返せば、落花生を予約したお店から出荷日を伝える電話をもらったときから、不穏な気配はあったのでした。「何日の出荷になります、茹で方のレシピを同封しております」と美しい営業ボイスで話していた女性に、もやしを育てるコツがあれば教えてもらおうと「地元のかたは、もやしにして食べることはありますか?」と質問したところ、わずかな間をおいて、思いっきり素の声で「聞いたことないですねえ」。産地の販売店でそう言うのだから、難しいのかもしれない。

3歳の娘は無邪気に「ピーナッツ、芽が出なかったね!?」「クックルンでお米から葉っぱが出てたよ!?」(同時期にEテレの子供向け料理番組で米作り体験をしていた)「ママ、ピーナッツ芽が出なくて悲しいの!?」と毎日言ってきます。何度も同じ質問を重ねてくる時期で、娘の質問攻めにはもう慣れているはずが、つい「ピーナッツの話はもうやめようよ……」と力弱く頼むしまつ。

娘に「芽が出なかったね!?」と言われて終わるのもなあと、最後に悪あがきを。落花生を注文してやり直す時間がなかったので、わが家にあった他の豆でも、もやしが作れるか実験してみました。

peanuts_13
右上から時計回りに大豆、緑豆、小豆、ひたし豆。一晩水につけてスタート。

peanuts_14
すべて数年越しの古いものなので無理かと思ったら、緑豆が発芽!

peanuts_15
ぐんぐん伸びて5日でこの状態。すごいぞ緑豆!

というわけで、【番外 緑豆もやし】はわずかながら収穫でき、お味噌汁に入れていただきました。これで娘にも「芽が出なかったね!?」とは言わせないぞー。

旬の生落花生、みなさんもお好きな豆料理を落花生に置き換えて作ってみてください。もちろん塩茹でそのままでいただくのも◎。甘じょっぱい落花生に興味がおありでしたら、塩茹でしたあと練乳やメープルシロップをかけるだけでも簡単で美味しいです。

落花生もやしについては、私のやりかたが悪かったのか、もしご存じのかたがいらしたら、ぜひ教えていただきたいです。どうぞよろしくお願いします!

【関連記事】
茹で落花生は「しなす」にかぎる
野菜の再生ぶりを、愛でてみよう
冬の味噌作りを目指して、大豆の種をまいた

1 2

ピックアップ

tandoor08

楽しい!おいしい!ケータイタンドールの魅力
ケータイタンドールと名付けた調理器具。魚も肉もジューシーに焼き上がるそう!

このページの先頭へ