healingfoodevent1002

遅延型と呼ばれるアレルギーと、アレルギーに対応した食事づくりなど、食事とアレルギーについて学べる講座「遅延型アレルギーを通して見る食と健康」が10月2日、都内で開催されます。

講座を開催するのは、「心と体の活力を与える癒しの食事=ヒーリングフード」の考え方に基づき、食・食生活・食の楽しみ方などを国際的な視点から提案する一般社団法人日本ヒーリングフード協会。講師はアレルギー検査キットの輸入販売元アンブロシア株式会社の志賀恵子さん。

「遅延型アレルギーとは」「即時型と遅延型の違い」「アレルギーになりやすい食べ方、なりにくい食べ方」「検査結果とその後の食事にどう生かすか」など、症例に基づく科学的な見地から毎日の食生活に活かせる内容となっています。

講座は昼の部と夜の部があり、参加費は3,300円(税込)、事前申込制です。詳しくは下記ページをご覧ください。

ピックアップ

gaienwalk06

新国立競技場がどれほど大きいのかみてきた
新しい競技場をつくらないで、いまある競技場を改修するエコな五輪にしませんか?という思いが高まったようです。

このページの先頭へ