enemamacafe
「エネママカフェ」のウェブサイトから引用

エネルギーについてママたちが楽しみながら学ぶ「エネママカフェ」が全国で展開されています。

エネママカフェは全国のデパートやショッピングモールにブースを構え、ママたちが中心となってエネルギーについて学びます。簡易型太陽光発電機をラインストーンなどでデコレーションし、ケータイの電気を自分でつくるワークショップでは、ママ以外に子供から大人まで自由に参加できます。

エネママカフェを主催するのはNPO法人チルドリン。ママたちがエネルギーについて考えるきっかけになるようにと、経済産業省との共催事業としてスタートしました。

この取り組みをママ友や地域コミュニティーに向けて積極的に広げていきたいというママに向けて「エネママ大使養成講座」も開講。全過程を受講した人は「エネママ大使」として認定され、チルドリンのサポートのもとエネママカフェを自分たちで開けるようになります。開催場所や日時、活動状況などの情報はエネママカフェFacebookページで配信中です。

ピックアップ

gaienwalk06

新国立競技場がどれほど大きいのかみてきた
新しい競技場をつくらないで、いまある競技場を改修するエコな五輪にしませんか?という思いが高まったようです。

このページの先頭へ