jxpic1409

資源の少ない日本では、効率的・安定的なエネルギー供給は大きな課題です。JX日鉱日石エネルギーでは、エネルギー変換企業として、さまざまな資源をガソリンや電気といった使いやすい形にして提供するため、日々研究開発が行われています。

研究開発の対象は、原油や天然ガス、石炭にとどまらず、太陽光を活用するメガソーラーや、バイオエタノールやバイオジェットとさまざま。中でも今後、自動車用燃料の主要な柱と期待されるのが水素です。いよいよ始まる水素エネルギーで走る燃料電池自動車(FCV)の一般販売開始を前に、水素を供給するためのインフラ整備が進められています。

空気を汚さないクリーンエネルギー車として注目のFCVは、2015年にも市販が始まる見通し。JX日鉱日石エネルギーは2013年4月、神奈川県海老名市に日本初の水素ステーション「海老名中央水素ステーション」を開所(※)。ガソリン給油ができる従来のサービスステーションに、FCV用の水素充填設備が併設された形で、製油所などで製造した水素を専用トレーラーで輸送し、蓄圧ボンベに貯蔵して販売する「オフサイト方式」での実証試験が行われてきました。FCVが本格的に普及する時代に向けて、全国のENEOSサービスステーションのネットワークを活用した水素供給を目指しているとのこと。

「海老名中央水素ステーション」の設備では、燃料電池車1台を満タンにするのにかかる時間は約3分。もうすぐ身近な存在となっていくFCVや水素ステーションについて、詳しくは下記リンクからどうぞ。

※NEDOとHySUTの共同研究事業である「地域水素供給インフラ技術・社会実証事業」の一環で、JX日鉱日石エネルギーが建設・運営を担当

ピックアップ

gaienwalk06

新国立競技場がどれほど大きいのかみてきた
新しい競技場をつくらないで、いまある競技場を改修するエコな五輪にしませんか?という思いが高まったようです。

このページの先頭へ