biwakomesse2014
イベントリーフレットより引用

環境に関わる製品や技術、サービス、ビジネスモデルなどを展示する日本最大級の環境産業総合見本市が滋賀県立長浜ドームで10月22日〜24日の3日間開催されます。

今年で17回目を迎える同イベントは、過去最多となる316の環境ビジネスに取り組む企業や団体が参加します。会場は、新エネルギー・省エネルギー、土壌や大気の浄化や環境土木・環境建築などいくつかのゾーンにわかれており、今年新設された水環境ビジネスゾーンもあります。

展示ブースのほか、古民家の活用や薪ストーブの排ガス規格制定といった企業や団体のプレゼンや、『里山資本主義』の著者藻谷浩介さんのセミナーや、メタンハイドレート研究の第一人者青山千春さんによるメタンハイドレート研究開発の現状が聞けるセミナーなどもあります。工場などの見学ができるビジネストリップは受付終了です。

同イベントの入場は無料です。セミナー受講には来場事前登録が必要で、会場は異なります。詳しくは下記ページをご覧ください。

ピックアップ

gaienwalk06

新国立競技場がどれほど大きいのかみてきた
新しい競技場をつくらないで、いまある競技場を改修するエコな五輪にしませんか?という思いが高まったようです。

このページの先頭へ