コラムの記事一覧

top

ほのぼのとしているけれど唯一無二の奇祭という呼び声も高い、佐渡島南部の「羽茂まつり」を見にいってきた。

LocalEne01

「人間がコントロールし得ない原子力に頼るのをやめよう」。「電力を他人の力に頼るのはやめよう」。そして「なるべく電気を使わずに生活できる工夫をしよう」。
ローカルエネルギーが注目される中、この夏訪れたシンポジウムでは、様々な意見が飛び交っていました。

vtmpd_top

大阪・北浜に野菜工場を併設したおもしろい取り組みのカフェがあって、そこでスムージーの試作会があるので来ませんか?と誘われたので行ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

秋を代表する七草。キキョウ、ナデシコ、オミナエシ、ススキ、クズ、フジバカマ、ハギ。都会にいると、日常の中でこれらの七草を目にする機会はあまりありません。今年は秋の七草を、野山の中で見たいなぁと調べていたところ、ちょっと変わった場所を見つけました。それが、茶畑の中にある「茶草場(ちゃぐさば)」で、秋の七草が見られるというもの。さて、どんなところなのでしょう。行ってみました。

shichimi00

白胡麻と唐辛子、実山椒、そして温州みかん。すべて地元産、しかも無農薬栽培の食材ばかり組み合わせてみたら、予想以上に香り高いスパイスができあがりました。

akiya_top

今、全国で空き家が増加している。空き家といえば地方や過疎地をまず連想しがちだが、都市近郊でも事情は同じ。「空き家バンク」事業に取り組む神奈川県横須賀市で、紹介物件をみてきた。

iggallergy_top

ここ数年食物アレルギーの話を耳にする機会が続いている。小麦と大豆アレルギーの人、カニアレルギーの人。パイナップルに反応するようになったという人。つい先日アナフィラキシーを起こして緊急入院した人からは発症から退院までの話も聞いて、衝撃だった。そんなとき、45年間下痢やじんましんの症状に悩んでいたお医者さんがいるというので話を聞いてきました。

masuda_top2

ある資料館でみかけた一枚の絵地図。グラフィカルな色づかいと味のある筆致に、思わず釘付けになってしまいました。これはまだ見ぬ人に届けねば!となかば使命感にすら駆られ、このたび地図の作者である増田善之助さんを訪ねてきました。

01gogan5967dd

草が生い茂り、一見、なんの手も加えられていないように見える河川敷や土手。しかし、放ったらかしではなく、「鎧(よろい)護岸」と呼ばれる工法で、自然の姿を留める配慮がされています。愛媛県内子町を流れるこの小田川河畔は、全国に先駆けてもう20年近く前に、景観にも配慮した護岸工事が行なわれた場所。当時の様々な工夫と思いを伺いました。

chiiki_01

2011年10月から、北海道士別市地域おこし協力隊として活動してそろそろ3年。9月末日を持って任期を終えることになりました。この機会に、地域おこし協力隊という仕事を通して持った個人的な感想をまとめてみようと思います。

1 2 3 4 5 6 7 83

このページの先頭へ