タグ「サスティナブルな活動を知ろう」が付けられているもの

TokyoCottonVillage
「Tokyo Cotton Village」のウェブサイトから引用

コーヒーやお酒を楽しみながら、「和綿」とよばれる日本古来のコットンで糸紡ぎができるカフェ「糸紡ぎカフェ」が東京用賀にあります。

itallpic_1407

小中学生向けに、環境やエネルギーに関するニュースやイベントを紹介し、学習のサポートをするポータルサイト「まなぶー」がオープンしました。夏休みの自由研究をサポートするサイト「HEMSきっず」が「まなぶー」にバージョンアップし、年間を通じて学習や宿題に役立つキッズのポータルサイトに生まれ変わりました。

SocialSoylutionSummit
「SSS Social Soylution Summit」のウェブサイトから引用

大塚製薬株式会社と電通若者研究部が主催する、大豆を通して人間の健康問題や地球の環境問題を考えるイベント「ソーシャルソイリューションサミット」。各大学サークルのメンバーがお互いの活動をプレゼンテーションし、ソイリューションについての講演を聞いた上で、大豆をテーマにしたワークショップを行う産学協同のプロジェクトです。良質な植物性タンパク質が豊富な大豆(Soy)で様々な問題を解決する(Solution)という2つの単語をあわせた「Soylution(ソイリューション)」の考え方のもと、各地域の環境サークルや農業活動を行うサークル、学園祭実行委員などが集まり、大豆の可能性について理解を深める場として、活動が広がっています。

towaya
「灯和屋」のウェブサイトから引用

リフォームや古材・時代家具の販売を通して古民家空間を提案する「灯和屋」(北区十条)が、先月オープンしました。

unadonmirai2
「東アジア鰻資源協議会」のウェブサイトから引用

昨年の環境省に続いて今年6月12日に国際自然保護連合(IUCN)でも絶滅危惧種に指定されたニホンウナギ。ウナギ研究者、生産者から流通にかかわる人など専門家たちが集結してどうすれば「うな丼を食べ続けることができるのか?」を考える、東アジア鰻資源協議会主催の公開シンポジウム「うな丼の未来Ⅱ」が7月27日(日)に開催されます。

mirainoshikake
「みらいのしかけ」のウェブサイトから引用

福岡県の最東端に位置する上毛町(こうげまち)。人口約8,000人弱のこの町で、地域活性のために生まれた取り組みや実現途中にあるシカケをアップしていく情報発信サイトが「みらいのしかけ」です。

fujinodenryoku

インフラに頼らず自然や里山の資源を見直し、自立分散型の自然エネルギーの捻出を目指す「藤野電力」。東日本大震災を機に昨年春に活動を開始し、市民発電所の建設や、再生可能エネルギーによるイベントへの電源供給など、さまざまな取り組みを行なっています。

jimotogiftcatalog
「地元のギフト」のウェブサイトから引用

「地元をいい感じにする"人"と"事業"を増やす」を企業理念とする株式会社地元カンパニー。野菜や加工品、民芸品などを集めたカタログギフト『地元のギフト』や、都会で暮らす跡継ぎの息子(セガレ)や娘(セガール)たちの実家や地元を盛り上げる活動『セガレ・セガール』を運営しています。

SABOIBOSAI
「SABOI」のウェブサイトから引用

若年向けに防災の大切さを伝えている任意団体「防災ガール★」と、株式会社トレードマーク高知が共同プロデュースした防災グッズ「SABOI」から、第二弾の商品が発売スタートしています。

hatachikikin「ハタチ基金」のウェブサイトから引用

東日本大震災発生時に0歳だった赤ちゃんが社会を支える自立した20歳へと成長するよう、復興状況やニーズに合わせたサポートを目指して設立された期限付きの支援基金「ハタチ基金」が、3周年記念復興フォーラムを6月7日(土)に開催します。

1 2 3 4 5 6 7 60

このページの先頭へ