10.jpg

  • セスキスプレー

  • 固形石けん

  • 部分洗い用洗濯ブラシ

おそうじペコ

おそうじペコ

掃除研究家・ハウスキーピングコーディネーター2級
「掃除こそマイホビー・おそうじ大好き!」と言い切れるおそうじマニアです。日々情熱的にお掃除メニューをこなし、掃除にまつわる研究に邁進しております。ブログを中心に毎日が楽しくなるお掃除エッセンス配信中☆
著書「暮らしを楽しむお掃除エッセンス」ソフトバンククリエイティブ社
 
  1. 9.jpg

    セスキスプレーを作ります。水250mlにセスキ炭酸ソーダ小さじ2~3杯を溶かしたものをスプレーボトルに入れます。一般的なお掃除用のレシピだと水500mlに小さじ1杯ですが、2倍程度の濃さにしています。

  2. 2.jpg

    画像のように洗面ボウルの上などで襟・袖を開いて平らにし、ひたひたに浸かるくらいのぬるま湯を注ぎます。お風呂の残り湯を利用するとよいでしょう。15~30分程度漬けて置き、汚れをゆるませます。

  3. 3.jpg

    石けんを泡立てる分のお湯だけ少し残して排水し、汚れている襟と袖口にセスキスプレーをまんべんなく吹きつけます。さらに15~30分程度そのままにして成分を汚れに吸着させます(急いでいる場合は次の作業へ)。

  4. 4.jpg

    残ったお湯を使って、固形石けんと部分洗い用ブラシでこすり洗いします。強くこすると衣類が摩耗するので、よく泡立てながら丸く円を描くように。

  1. 6.jpg

    胸ポケット部分もひっくり返して、ゴミを落としボールペン汚れなどもあれば石けんでこすり洗いしておきましょう。

  2. 7.jpg

    水でかるくすすぎます。両手で石けんを落としながらこすり洗いします。この後、洗濯機で普通に洗濯します。

  3. 8.jpg

    仕上がりです。黒く筋がついていた襟汚れが綺麗に落ちました。洗濯機で洗うだけでは落ち切れない汚れも、こうして丁寧に予洗いすることでスッキリきれいになります。

セスキ炭酸ソーダは、ホームセンターや100円ショップなどでも売っています。重曹よりもアルカリPH度が高く、襟袖汚れなどのタンパク質汚れを落とす作用に優れています。 洗濯ブラシを使う時はゴシゴシと力を込めすぎると衣類の劣化につながるので、石けんの泡の力を利用する感覚で使ってみてください。 ワイシャツなどについたしつこい汚れは洗濯機だけではなかなか落ち切れないものです。以上の作業は細かく大変に見えますが、他の家事と平行しつつ、手順に慣れてしまえばさほど気にならなくなります。丁寧なメンテナンスをすることで満足した洗いあがりになりますよ!

コメント

  1. ペコさま。
    いつも楽しくブログを拝見しております。
    今回のYシャツ襟汚れの落とし方 早速やってみました。
    これまでプレケア商品やブラシや色々と試してきたのですが、どうもスッキリしなかったのですが、このやり方だときれいに!白く!!なりました!!!有難うございます
    質問なのですが、洗濯後の襟糊付けはどのようにされていますか?
    一般に市販されているキー○ングや合成糊などは、化学物質なので使いたくないのです…
    ドライクリーニング後のYシャツも、自分で洗濯すると(特に石鹸洗濯を始めてからは)すぐにふにゃになってしまします。良い方法がありましたら、教えて戴けると幸いです。
    宜しくお願いします。

  2. ぽこえ様
    お返事遅れてしまいました、大変申し訳ありません。
    まだ読んでいただけているとよいのですが・・
    Yシャツ、すっきり綺麗にお洗濯できたようでとてもうれしいです。
    ブラシで泡だてて落とす際、あまり強くごしごしすると
    襟の素材がケバだってしまいますのでご注意くださいね。
    のりづけですが、我が家ではワイシャツののりづけは
    しておりません。
    主人がバリバリして気持ち良くないというので。
    なので普段はのりづけなしの石鹸洗濯。
    パリっとしなくてはならない冠婚葬祭の際は
    それ用の白いワイシャツを別途用意して
    そのたびにクリーニングに出してます。
    参考にならずにごめんなさい!

このページの先頭へ