ami1.jpg

  • バケツと水(風呂の残り湯でもOK)

  • アクリルたわし

  • 外用の雑巾(できればマイクロファイバー素材)

おそうじペコ

おそうじペコ

掃除研究家・ハウスキーピングコーディネーター2級
「掃除こそマイホビー・おそうじ大好き!」と言い切れるおそうじマニアです。日々情熱的にお掃除メニューをこなし、掃除にまつわる研究に邁進しております。ブログを中心に毎日が楽しくなるお掃除エッセンス配信中☆
著書「暮らしを楽しむお掃除エッセンス」ソフトバンククリエイティブ社
 
  1. ami2.jpg

    アクリルたわしをバケツの水に浸し、軽く絞ります。しっかり絞らずに水がしたたる程度です。

  2. ami3.jpg

    よく濡らしたアクリルたわしで、まずは外側の網戸を拭いていきます。横→縦と2方向で。アクリルたわしの毛先で網戸の汚れを吸着させるイメージで拭きます。

  3. ami4.jpg

    軽く拭いたところ。ホコリの毛玉ができるくらい真っ黒になるようであれば、バケツの水でアクリルたわしをすすぎながら何度も繰り返します。綺麗になったら、最後はよく絞ったアクリルたわしで仕上げ拭きします。

  4. ami5.jpg

    ちなみに、網戸の向こう側はしっかり窓をしめてください。画像のように網戸の間からかなり水がハネるので窓が閉まっていないと室内に水が飛び散ります。

  1. ami6.jpg

    次に室内側の網戸を、今度はしっかり絞ったぞうきんで横→縦の2方向を拭きます。外側を水気の多いアクリルたわしで拭いたので、その水気をよく拭きとるイメージです。

  2. ami9.jpg

    網戸の格子状の形を意識しながら横向き、縦向きにしっかり拭いたので格子の間まできれいになりました。

  3. ami7.jpg

    最後の仕上げに、網戸の枠や隙間をついでに雑巾で拭きましょう。網戸の汚れと比例してここにも砂埃などがたまっています。

  4. ami8.jpg

    外側の窓枠まわりにも、アクリルたわしから垂れた水溜まりができているので拭きとりながらお掃除しておきましょう。

網戸を外さずにお掃除できる方法はないかな?と考えました。
そこで網戸洗い用のブラシを試しましたが、コツをつかんで上手に使用しないとひっかかって網戸がほつれてしまうことがあります。アクリルたわしならば柔らかくてひっかからず、アクリルの細かい毛先が網戸の間の汚れをしっかり吸着してくれます。
酷く汚れても、バケツの水で軽くすすぐと綺麗になるので何度も繰り返すことができます。
アクリルたわしがない場合は、お風呂掃除用のスポンジなどでも代用できるでしょう。
コツは網戸の格子状の構造を意識して、タテヨコ2方向にしっかり拭くことです。
できれば年に1度ではなく、数か月に1度窓と一緒に拭いてあげると汚れがたまらず楽に仕上がりますよ!

このページの先頭へ