s1.jpg

  • 新聞紙

  • 水を入れたバケツ

  • 箒とチリトリ

おそうじペコ

おそうじペコ

掃除研究家・ハウスキーピングコーディネーター2級
「掃除こそマイホビー・おそうじ大好き!」と言い切れるおそうじマニアです。日々情熱的にお掃除メニューをこなし、掃除にまつわる研究に邁進しております。ブログを中心に毎日が楽しくなるお掃除エッセンス配信中☆
著書「暮らしを楽しむお掃除エッセンス」ソフトバンククリエイティブ社
 
  1. sinbun.jpg

    古新聞を数枚用意し、縦方向にさきます。

  2. sinbun2.jpg

    短冊状の新聞の下半分だけをバケツの水に浸します。全部濡らさないのがポイント。

  3. s2.jpg

    手でふんわりと握ってソフトボール大の大きさに丸めます。

  4. sinbun3.jpgのサムネール画像

    玄関のタタキ全体にちりばめます。多少水が飛び散るくらいがちょうどよいです。

  1. s3.jpgのサムネール画像

    タタキのホコリやゴミと一緒に新聞紙を一定方向に掃き集めます。

  2. s4.jpg

    掃き集める時には小さく丸まってまとまりますので、そのままチリトリで集めて捨てておしまい!

  3. s5.jpg

    ちなみに箒で掃く時は、力を込めすぎると穂先が寝てしまうので、軽く穂先をを立たせて使うのがコツです。穂先で小さいホコリを掻き出すイメージです。

 玄関のタタキ掃除では、粗塩、お茶がらの利用などもあります。いずれも細かすぎて掃き集めるのが大変なので、ホドホドで扱いやすいものはないかな?と思って新聞紙を使用してみました。
水分を保持して、ホコリも吸着し、掃き集めやすくなかなかよかったのでご紹介します。
ポイントは水につける時に全部つけると小さく丸まってしまうので、半分だけ湿らせて軽く握ってタタキに撒くことです。ふんわりと握ってください。手が少し黒くなってしまうかもしれませんのでご用心を。
乾燥した季節はいきなり箒をかけると、ホコリが舞い上がってしまいますが、このように適度に湿気をもたらす何かを利用することで気持ちよく掃き掃除をすることができますよ!
 

このページの先頭へ